今回、追加したのは

・SNK PERFECT DATABASE
・株式会社エイティング
・株式会社ソフトサイン
・有限会社M2

の4箇所になります。

SNK PERFECT DATABASEさんはマイペースながらSNK系格闘ゲームのデータベースを構築し続けているサイトさんです。

エイティングさんはネオジオ作品である『ボンバーマン ぱにっくボンバー』を製作したメーカーです。

ソフトサインさんは『マネーアイドルエクスチェンジャー』で有名なフェイス社の版権を引き継いだメーカーで、主に東南アジア向けの配信事業をメインにしています。

M2さんはPS3及びPSP向け専用コンテンツ「NEOGEO Station」にて配信するネオジオ作品の移植を担当する、有名な移植職人集団です。

で、「NEOGEO Station」の話です。

以前ツイッターで"MVS向けのみの作品やネオジオCD向けのみの作品やハイパーネオジオ64作品の配信は予定しているのでしょうか?"という質問を松下さんにしたら、(ツイートはもう消されておられましたが)"作品の知名度次第ではないのかと思う"という回答を頂きました。

…こう聞くと、結局全作品を配信するのかは、我々ユーザーの要望次第であるのかなと管理人的には思います。
最終的には会社(プレイモア社)が決めると思うので、我々ユーザーとしては、とりあえず電話かメールフォームで配信を要望するしかないと思います。

ちなみにプレイモア社が持っているメーカーの版権は(管理人の知っている限りでは)以下になります。

・SNK
・ADK
・ナスカ
・夢工房(新エイコム時代のネオジオ作品も含む)
・ザウルス

他にもメーカーの版権を持っているのかは分かりません。
持っていない版権について、松下さんは"タイミング次第ではないか"と仰られておられました。
それらについては、それぞれの版権を所持しているメーカーに要望を…出してもよいものでしょうかね?
また、ビデオシステムみたいに版権のその後がよく分かっていないメーカーもあったりしますが、これはどうなるのやら…。

個人的には、時間が掛かってもいいので、最終的に全作品が配信できる状態になってほしいと願います。